米のとぎ汁

  • 2018.06.23 Saturday
  • 09:51


おはようございます(^^)
雨の福岡

顔を洗い
ふと裏の祖原公園に
目をやると

大好きな鈴懸の木の横に
何か色づいてる



きっと
ハギの花

先日
風太との散歩から
娘が摘んできてくれた



なぜか心ひかれ
摘んでくれたんだろうな
なんて嬉しく思い
飾りましたが
花はすぐに枯れてしまいました(;_;)
細〜い枝だったので
水あげが上手に出来てなかった
のかもしれません

ハギの花言葉
『思案』『内気』
『柔らかな心』『柔らかな精神』

どこか娘と共通するものを
感じたりします
そんな朝
実家の母が持たせてくれた
玄米を精米機にかけ
お米を洗っていて

そういえば
先日実家の母は今だに
米のとぎ汁をバケツに入れ
庭の植木にあげていたな〜

私も実家にいる頃は
それが当たり前の様にしていて

海外に行っても
米のとぎ汁を植木にあげていた

いつからしなくなったのかな?

娘が帰ってくる前は
ご飯粒を
あまり食べなくなっていて
(液体になったお米
頂いてますので
お米は粒では頂かなくなりました
なんて言ってました)(^^;)
ご飯もほとんど炊いてなかった

でも
それ以前から
とぎ汁は捨ててたな〜

なんて
思いながら
今日は洗い桶にとぎ汁をとり
プランターの植物にあげました

実家に帰った時
台所の床に置いてあった
とぎ汁の入ったバケツを
(このバケツも私が
子どもの頃からあったやつ)
娘に
重いから庭まで持っていってあげて
と頼んだのを思い出しました

母が
助かるわ〜
おばあちゃん毎日庭まで
持っていくのが
一仕事なのよ〜
なんて言っていたな〜

いつまで続けるんだろう
と思いつつ
聞いていたのを思い出し

母が託けてくれたお米だからか
とぎ汁を捨てるのが
もったいなくなった

私も
お米を研いだ時は
植木にあげよう


何を次世代に繋ぐか

やりなさい
と命令しなくても

良いと思うことをやっていれば
子どもは子どもで

必要を感じれば
良いと思えば
自らやり始めるんでしょうね

でも
目にしたり
聞いたり
することがないと
選択の中になくなりますよね

繋げる
繋がるって
自然に繋がるものでいいのかな〜

人のセンサーって
とても繊細だと思うので

とりあえず
自分で良い
と思うことをやろう
それしか出来ない

それを子どもがどう思うかも
子どもの自由

背中をみて育つということが
なんとく分かる気がする
今日この頃


昨日バジルソース作りました



松の実がなくて
くるみでも良いと
書いていたので
くるみで代用

でもやはり
味がいつもと違う

松の実買ってきました

2バージョン出来上がり

娘も
美味しいって食べてくれていた



今年の梅は
コーボン(酵母飲料)に
漬けた

自分から 毎日
飲んでいる

なければ
もちろん飲めないけれど

あれば喜んで
口にする

手をかける

大事にしたいな〜

そういえば
無洗米があるな〜

米のとぎ汁で
川が汚染されるなんて話
聞いたことあるけど

米のとぎ汁より
汚染力強いもの
たくさん流してる
・・・

よく分かんないけど

なんだかんだ
いう前に
自分で良いと思うこと
実践するしかないかな〜

なんて自問自答しながら
水やり完了

今日は
「黄色い戦士」の紋章
私です(*≧∀≦*)
キーワード
自問自答
笑笑
日々
自問自答の私です(-。-;



そんな私に
鎌倉から届きました
明月院の紫陽花で
明月院ブルー
といわれる色だそうです

綺麗!
一時
私の自問自答もとまります

ありがとう^_^
いい週末を
お過ごしください
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM