とらきつね鳥羽先生

  • 2019.04.13 Saturday
  • 23:25


こんばんは^_^

近所の庭のハナミズキが満開です

一青窈さんの
歌を思い出します

花言葉
「永続性」「返礼」
「私の想いを受けてください」

一青窈さんも
この花言葉を知っていて
あの歌が生まれたんだな〜
って思いますね

私にとって
この歌を聴いたとき
亡くなった娘を思い
泣けたのを思い出し
大切にしている歌の一つです

今こそ
泣かないで歌えますが
歌を知った頃は
歌うたびに泣いていました

この歌を歌う事で
娘への思いが浄化できた
気がします

今朝は散歩の時に
口ずさみながら歩いていて
そうだ
今日は鳥羽和久先生の
お話会がある
親の思いや
子の思いに
真摯に寄り添って下さってると
思える方

唐人町で
「とらきつね」という
学習塾寺子屋をされている
先生です

寺子屋の事は知っていましたが
先生に会った事はなく
子どもも大きくなり
気にしてはいなかったのですが

〜ことは〜で出会った方から
彼の素晴らしさを聞かされ
読んでみたいと思っていた本
「親子の手帖」

一週間ほど前にも
〜ことは〜で出会った方が
お子さんをその寺子屋へ
通わせる事になったと聞いた事

とらきつねとは
インスタで繋がっているので
鳥羽先生のお話会があるのは
知っていたのですが
どうしようかな〜と思っている時

最初に教えて下さった方から
鳥羽先生のお話会が
ありますよ一緒に行きませんか?
と誘われ

とらきつね
来てるな〜

これは行ってみよう!
と思いお話会へ申し込み

その前に本も読んでおきたいと購入し



行ってきました

本を読んで
僭越ですが
〜ことは〜でお話させて
頂いている私の思いと
重なりつつも

もちろん
それ以上に
たくさんの経験からの
奥深さと
伝え方の丁寧さ
思いやり
など
深い知性と慈悲を感じ
今日をとても楽しみにしていました

教えてくれた方からも
どんな方か聞いていたのもありますが
自然体の穏やかな
素敵な先生だと感じ
大ファンになってしまいました

皆さんにも
おススメです
子育て中の方はもちろん
子育てが終わった方も
まだ
未婚の方も
みんなに読んでもらいたい本です

時代は
社会は
刻一刻と変わっています
それを敏感に感じている子ども達
でも
大人である私たちは
過去の記憶に縛られ
ついつい
自分の価値観を良かれと思い
押し付けている

そんな自分までもを
縛っている無用な価値観を
外してくれるのが
子どもの霊性

今日先生から「霊性」
「お念佛」という言葉が出てきて
感銘を受けました

本当に広い角度から
親子をみつめて来られた方だからこそ
あの本が生まれたんだ

たくさんの親子の関係を
日々目の前で見ておられる先生の
優しく分かりやすく話して下さる中に 力強い説得力がありました

そのあと
一緒に行った方と
食事に行き
とても良い時間を
過ごさせてもらえました

たくさんの
人、もの
に感謝です

あ〜良かった
ありがとう!
おやすみなさい


コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM