ちょっとしんみり『平成』を思う

  • 2019.04.30 Tuesday
  • 18:02


昨日からずっと雨
霧も濃く幻想的な豊後高田


小鳥のさえずりが
聞こえてきて
主人のアラームかと思いきや
(女子力高い彼のチョイス(o^^o))
生さえずりでした
雨が止んでるかと思ったら
霧雨が



散歩に出ると
いろんな花が目に写ります






雨に洗われた新緑も綺麗





自然の中で
平成最後の日を迎えています

テレビも朝から
天皇陛下皇后さまの
退位の儀式一色

天皇皇后は本当に
素晴らしい生き方
お姿を顕して下さったと
尊敬し誇りに思います

天皇の退位は
江戸時代の光格天皇以来
202年ぶりなのですね

戦争のなかった
平和な平成に相応しい
平和な退位であって欲しいと
願っていました
無事に全ての儀式が
終わりますように

そんな事を願いながら
テレビをみていましたが

皆さんの平成はどんな時代でしたか?
昭和31年生まれの私にとって
昭和は
途中参加の様な時代でしたが
平成は自分の人生が
がっつり動き出している
真っ只中

平成元年の1月21日に
ちょうど双子の娘達が
生まれたので
私にとっては
娘たちの誕生と共に
始まったと言っても良い
タイミングの平成です

その娘も30歳
双子でしたが
生後1歳半で一人が亡くなり
その後離婚して
日本へ戻り
再婚

福岡へ引っ越し
〜ことは〜を始め
今に至ります

思えば
波瀾万丈な平成でした

目の前の事で精一杯
そんな平成
決して平和な日々ではなかったな〜

温泉に浸かりながらしみじみ

大きな出来事でしたから

でも
今こうして平和に過ごせてる

過去を思えば
奇跡のような展開を
繰り返して来た様な気持ちになります

私の頭では想定も出来ない
考えられない展開の中で
過ごしてきました
そう思うと
大きな流れの中の自分なんだと

たかが知れてる小さな命
されど大きな中の確実な命

自分一人ではどうしようもない

精一杯自分なりに
やって来た様な気持ちではありますが

生かされ運ばれ
今がある

「令和」
もう少し謙虚に生きられるかな

新しい元号
「令和」
全てを浄化してくれる
雨のあとの様に
更に調和のとれた
平和な世の中であって欲しい
明日は
新天皇の誕生

即位の儀も
平和に無事にすすみますように

今まで関わって下さった全ての命に
心より感謝したくなりました

あ〜良かった
ありがとう!
そう思える今に
感謝です





今日4月30日の花は何かと調べたら
カルミア




ナシだそうです



カルミアの花言葉
「優美な女性」
「大きな希望」
「野心」

ナシの花言葉
「愛情」
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM