たっぷりの言葉と過ごした一日

  • 2019.05.12 Sunday
  • 15:14


こんにちは^_^

今朝散歩の時に
見つけたつるバラ
たくさん咲いていて
ヒラハラと花びらが舞っていました

今日は日曜日
昨日はブログを
あげる事が出来なかった^^;

昨日は一言で言うと
タイトルの通り
たくさんの言葉と共に
過ごした有意義な一日でした

昨日の朝見つけた
蝶々
蝶々をみると
気持ちが高揚しませんか



飛んでいるところが
綺麗に写せたので
ルンルンと
これをブログに
と思っていたのですが

散歩から帰ってから
10時からの
電話セッションの前に
洗濯・家族の朝食の準備を
家族も手伝ってくれながらこなし

1時間半のセッションが
終わったら
自分の朝食兼お昼ご飯
そして
1時20分に
地元のソフトバンクの試合を
観に行く
主人と次女をドームに送り
家に戻り
ブログを書こうと思っていたら
主人からドームの様子を
伝える動画が
そうそう
と思いテレビをつけて
風太と試合観戦していると

友人が用事で自宅へ
久しぶりだったので
しばらく話して時間をみたら
風太を散歩に
連れて行かなくてはいけない

昨日は私がとても
楽しみにしていた
若松英輔氏
講演会です
家を5時前に出なくてはいけません

風太の散歩から帰り
ご飯をあげて
講演がある
唐人町の「とらきつね」

ワクワクドキドキ
初生若松氏

若松氏のお話に耳に傾け
1時間半
アッという間でした

昨日は詩を書くということは
というお話から
言葉について
お話してくださいました

講演が終わった後
サイン会があったので
新刊の詩集を買っていたので
サインをして頂きました







そして
もう一冊
一生持ち歩くと決めている
「人生の帰趣」
その本の解説を
若松氏がして下さっているので
この本にも
と出したら
「畏れ多くて僕は
サインなどできません」と
おっしゃり

名前だけ書いてくださいました




これで
この本は私にとって益々
宝物(o^^o)

昨年
長野のお寺に
念佛別時に行った時に
プライベート参加で
たまたま来られていた
この本の監修をされた
大南上人さまが
来られていて
最後の日にサインをして
頂いていました




講演会には
他にも
一緒にお念佛を実践している仲間や
〜ことは〜に来て下さってる方など
他5名が一緒でした

当然そのまま大人しく帰る仲間ではないので(*≧∀≦*)

若松氏の
素晴らしいお話の
ネタもあります
当然話が弾む

途中から参加者の娘さんも
バイト帰りに合流
話は飛ぶ飛ぶどこまでも的な

アッと言う間に午前様

さすがに
それからブログを書くには
・・・

という
昨日は本当に
一日たくさんの言葉に包まれて
いました

それも
口先だけの言葉ではなく
心からの言葉

今思い返すと
とても贅沢な一日だったな〜

若松氏は
イメージとそんなに変わらない方でしたが
20年ぶりにお話を
聞かれた方が
若くなって
お元気になられています
と言われていました

彼は詩人であり
批評家ですが

亡くなった方のメッセージを
とても大切にされていて
亡くなった人と
今生きている人の住む世界は
今ここに一緒にあるという事を
いろんな角度から
言葉を選んで本を書かれたり
詩集を出されたり
そして
全国で講演をされています

昨日聴かせて頂いたお話と共に
又ブログでシェアさせてください

〜涙の光〜
つむげ
かなしみの文字を
生きよ
涙の光に
照らされて

ー燃える水滴ーより

若松英輔氏HP
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM