その歳の良さと出逢いがある

  • 2019.07.15 Monday
  • 17:40


今お念佛から帰ってきました

ふと外の写真を撮ってみたら
トンボが写ってた(^。^)

今朝
マヤ暦の先生
越川先生からの通信に
蝉の事が書かれていて

今まで
蝉の寿命は一週間と思い
精一杯ないている声を
どこか切なく聞いていましたが

なんと
1ヶ月も生きているものも
あるそうです


「蝉は地上に出てから
1週間程度しか生きられない」
というのは俗説で
実は1カ月くらい生きていることを
岡山県立笠岡高サイエンス部の
3年生の植松蒼さんが
独自の野外調査で
“証明”したというものです

調査の結果
アブラゼミ
ツクツクボウシ
クマゼミの3種で
10日以上の生存を確認
最長生存確認記録は
アブラゼミが32日間
ツクツクボウシが26日間
クマゼミが15日間だったとのこと


根気のいる
とても大変な調査だったようです
詳しくは書きませんが
今までの常識が覆されますね

越川先生は

『子どもような
「好奇心」をもち続けたことが
長年の俗説を覆すという
大金星につながった
のではないでしょうか』

と書かれていました

皆さんは子どもの時に
誰もが持っていた「好奇心」を
今でもお持ちですか?

「好奇心」のアンテナを
はっていると
いろんな情報が目に耳に
飛び込んできそうです

知りたい気持ちを
大切にしていると
いくつになっても
興味のある発見があり
出逢いがありますね

今日のお念佛会に
来てくださったお上人さまは
宮崎の自然寺の副住職

以前〜ことは〜サロンで
お話に来てくださっていた
岩崎上人の弟子に
なられる方です

お上人さまは
30代の頃
IT企業で
バリバリ働いていたのですが
うつ病を発症し
仕事に行けなくなり
友達とのご縁で
お念佛を知り
薬を飲まなくても
大丈夫になり
回復されたそうです

初めて参加した
お別時で
ちょっとした気付きが
彼の意識を変えたそうです

ハッ!!
と気付いた瞬間があったそうです

その後次の仕事を考えていた時に
この経験を
生かした仕事をしたいと思い
お念佛の師匠に相談したところ
お坊さんになったらどうかと言われ
勉強と修行をされたそうです

これからの時代
本当に必要な方なんだろうな〜と
思いました

仏教の教えは
人の心の在り様を
詳しく説いてくれています

彼の様に話をして
寄り添ってくれる人が
たくさん必要だと思いました

知ろうとして
求めると
いくつになっても
出逢いがあり
その歳ならではの
気付きを頂け
意識が拡がっていくと
信じています

今日も素敵なご縁に
感謝でした(*^^*)




もうすぐ日が暮れます
今日も一日
ありがとうございました!!
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM