金木犀・銀木犀

  • 2019.10.01 Tuesday
  • 07:00

おはようございます^_^

今日から10月
今年もあと3カ月となりました

まだ蒸し暑く
秋を感じつつも
すっぽり秋
という気分にはまだなりません

週末出かけたとき
大きな金木犀の木に
花がたくさん咲いていて
あ〜今が金木犀が咲く時だった

上の写真はパソコンからですが

以前プログに
金木犀と銀木犀の呼び名の話を
あげた事を思い出します

調べてみると
2012年10月28日のブログでした

「銀木犀」は
白い花が星のようなので
星の力を集めて
願いを現実化してくれる力を
持っているそうです



このエネルギーに
ふさわしいエネルギーを
持った人だけが
この花の恩恵を受ける事が
できるそうな

なんて
内容です

出したものを受け取る

宇宙の法則ですね

あの可愛いらしい小さな花
確かに星のようでもありますね



星に願いを
なんて歌もあったり

自然と共に暮らしていたからこそ

数年前に銀木犀があった所に
無くなっていた時は
寂しかった

私の周りも一軒家がなくなり
マンションが増えています

私が住んでいるマンションも
以前は一軒家
2軒分の土地に
建ったマンションです

最近近所の広い庭の家が
解体された時
マンションが建つか
分譲地になるのかと
思っていたら
そのまま新しい立派な
一軒家が建ちました

びっくり

そう
びっくりするほど
マンションや分譲地に
なるのを見てきたから^^;

庭はまだ出来ていませんが
とても広い敷地ですから
どんな庭になるのか

最近は一軒家が建っても
土地ギリギリに建物

庭を作る場所は
残っていません

木を植えても
せいぜい一本

そんな街中にいますから
仕方のない事ですが

好きだった木々が
無くなるのは寂しい

マンションに住んでいる
私が言うのも気が引けますが
(ーー;)

便利で快適です

感謝して住まないと
いろんなものに申し訳ないですね

そうそう
金木犀
銀木犀ですが

金木犀は「本名」を
 『フミオエコトバナ』 
漢字を当てると
『踏音開言花』

秋になって
キンモクセイが
黄金色の花を咲かせ
甘い香りを漂わせると
人がその香りに惹かれて
キンモクセイに
近づいて来ます

その時
人が大地を踏みしめる音が出る
その音(踏音・フミオ)に
共鳴して
キンモクセイが開く(開・エ)
エネルギーの世界がある

エ(開)の言霊には
開く
分かれる
という意味があるそうです

幹から開くのが
「エダ」であり
「エイ」と気合いを掛けて
刀を振るのは
一つのものと
二つに開いて分ける
という言霊の力の活用だそうです

フミオ(踏音)→ エ(開)
→ コトバナ(言花)

何を開くのかというと
生命力新生増強の世界
を開くのです

暑い夏を過ごして
人間の身体に疲労がたまっています

秋になって
キンモクセイが黄金色の花を咲かせ
甘い香りを発します

人が喜んで
キンモクセイに近寄ると
フミオエコトバナ(踏音開言花)の
働きを表し
人間の疲労を回復して
その生命力を
新たにするというエネルギーを
発散するのです

だそうです

なんと
自然って昨日も
バランサーだと書きましたが
本当にそうですね

皆さんも金木犀・銀木犀をみたら
近くに行って
香りを楽しんでくださいね

元気になって
秋を満喫出来る!
そんなイメージを持ちつつ(^_−)−☆

金木犀の花言葉
「謙虚」「謙遜」「気高い人」
「陶酔」「初恋」

金木犀の花言葉の「謙虚」は
その甘くすばらしい香りに反して
控えめな小さい花を
つけることにちなんでいると
言われています
また「気高い人」の花言葉は
雨が降るとその芳香を
惜しむことなく
潔く花を散らせることに
由来するそうです

銀木犀の花言葉
「初恋」「高潔」
「あなたの気を引く」「初恋」

「初恋」「高潔」は
真っ白は綺麗な花が高潔に見えることが由来になったそうです
中国の美女は
デートの前に木犀入のお酒を飲んで
香りを甘い匂いにしていた
という話もあります
そんな話から
「あなたの気を引く」
「初恋」などの
花言葉がついたとも
言われているようです



今日のマヤ暦
Kin81
音3
赤い龍
青い嵐

赤い龍のキーワード
・母性力
・創業力
・誕生
・存在
・生命を育む
・生み出す
など

赤い龍の関係キン
類似キン 白い鏡
神秘キン 黄色い太陽
反対キン 青い猿

今日のメッセージ

「言い訳は禁物です」

言い訳は
自分が責められたと感じた時に
自然に口をついて出てくる
防衛的反応の代表です

言い訳は話を
建設的にすることができません

言い訳をしなくなるだけで
人生は変わります

ーなんてシンクロニシティな
日々ーより


金木犀
銀木犀に
出会えると良いですね^_^



 
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM