鴻雁来

  • 2019.10.11 Friday
  • 07:15


おはようございます

やっと秋らしさを感じ
これから秋を満喫したい
そんな気持ちですが

急に寒さを感じたり
不安定なお天気
週末は関東方面では
台風の影響が心配ですね

ラグビーの試合も中止が
きまっています

観戦予定だった方は残念ですね

急に気温も下がってきて

今は二十四節気で
「寒露」
四十九候で
「鴻雁来こうがんきたる」の時

寒露とは
晩夏から初秋にかけて
野草に宿る冷たい露のこと
ですから
朝晩冷える頃なんですね

秋の長雨が終わり
本格的な秋の始まりになります
この頃になると
五穀の収穫もたけなわで
農家では繁忙を極めます
と書かれています

鴻雁来は
雁が北から渡ってくる頃

つばめなどの夏鳥が
南へ帰るのと入れ違いに
春に北へ帰って行った冬鳥が
再び日本へやってきます

ちょうど
雁が渡ってくる頃に吹く北風は
「雁渡し」と呼ばれ
秋の季語になっています

この風が吹き出すと夏も去り
海も空も
青色が冴えてくるので
「青北風 (あおきた)」
とも呼ばれるそうです

油山から飛び立つ
「ハチクマ」の事を
書きましたが

渡り鳥って本当に
凄い能力を持っていますね

地図もない
暦もないのに
ちゃんと飛び立つ時をしり
目的地まで迷わず飛んでいく

人間の言葉で言うと
毎年何丁目の何番地の
何号といったくらい
正確に行き来するらしいです

人間のように
便利な物を
開発する事は出来ないけれど

本来の能力を
遺憾無く発揮してますね

今年生まれた雛も
成長し立派に海を渡っていきます

親鳥はこの子は渡れるかと
心配なんてしないんだろうな〜
なんて
勝手な想像をしますが

私たちも
もう少し子ども達や
自分の能力を信じてあげたら

思う場面があります

心配になり
いろいろ情報を集めれば
集めるほど

そんな時は
どんどん心配になっていくものです

誰かの言った事も
参考になるでしょう

でも
一番大切なのは
側にいる私たちの感覚

アンテナを張りつつ
見守る

アンテナを張るというのは
感覚を研ぎ澄ます
という事になるのかな

考え過ぎないで
心で感じて

そうすると
今どんな行動をすればいいか
閃くはずですから

普段から
風を読む
ではないけれど
感性を磨いておくのは
大切ですね

私たち大人がまず
世の中の荒波を
乗り越えていける力を
つけるために


ーパソコンよりー


今日のマヤ暦

Kin91
音13
青い猿
青い嵐

青い猿のキーワード
・神の子
・ひらめき
・高い精神性と知性
・魔術師
・トリックスター
など

青い猿の関係キン
類似キン 黄色い星
神秘キン 白い犬
反対キン 赤い龍

今日のメッセージ

青い嵐の13日の
最後の一日です

青い嵐のような
変化がないと
形骸化することが
あるのです

そのためにも
青い期間が必要なのです

「甘受しましょう」

甘受する秘訣は
''何事も自分に
必要である''
と思うことです

あえて
甘んじて受けることにより
千天の慈雨があるものです

千天の慈雨とは
困難なときに
救いに恵まれることの
たとえです

ーなんてシンクロニシティな
日々ーより


明日から
黄色い人の13日間が
始まりますね

今日は今まで行動してきた事を
振り返りつつ
次に何をどのように
繋げていくか
楽しみにしながら
思いを馳せてみても
いいかもしれませんね

秋晴れの花金です

楽しい時間を
お過ごしください(^_−)−☆


ーパソコンよりー
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM