黄色い人が始まります

  • 2019.10.12 Saturday
  • 09:00
おはようございます

台風19号の影響が
心配されていますが
皆さんの場所はいかがでしょうか?

ここ福岡は風は強めですが
雨もなく今朝も風太と散歩に
行ってきました

関東方面が気になりますが
被害がなく過ぎていく事を
祈っています

今日はマヤ暦では
次の紋章
「黄色い人」が始まりました

今朝のシンクロ通信を
載させて頂きます



もう14度目とも報じられています
何年にもわたっての
注目、期待そして落胆

これは
本人とは関係なく
周囲が勝手に盛り上がり
落胆しているだけのことです

ノーベル賞の文学賞が
10日午後8時すぎ(日本時間)に
スウェーデン・ストックホルムで
発表され
日本人作家で有力候補とされた
村上春樹さんの受賞は
今回もなりませんでした

「春樹研究」の第一人者で
村上さんと同じ神戸市出身
大学時代は村上さんと同じ寄宿舎
「和敬塾」にも入寮経験があり
「村上春樹を、心で聴く 
奇跡のような偶然を求めて」などの
著作で知られる
宮脇俊文(成蹊大特任教授)が
一連の騒動について
論じている記事を発見
さすがに説得力に満ちた文面です
ぜひご一読ください

《また今年も村上春樹氏の
ノーベル文学賞受賞は実現しなかった
それは確かに残念ではあるが
問題は受賞を逃した瞬間から
特にテレビなどは
あっさりとこの話題に
幕を下ろしてしまうことだ

ここ10年はまるで
お祭り騒ぎそのものだった
もちろん人々が文学に関心を持つことは
大歓迎である

しかし
これまでの取り上げ方は
村上氏に対するリスペクトを
欠いていたのではないか
なぜ村上文学が世界で読まれるのか
その魅力はどこにあるのか? 
そうした真剣な議論が何もないまま
ただ騒いでいるだけのようだった

受賞することにしか関心がなく
あとのことはどうでもいい
といった感じだ
これでは村上氏に失礼である

結果はどうであれ
この作家がいかに素晴らしい作品を
書き続けてきたか
そして
この権威ある賞を
手にする資格を常に有しているのだ
といったことを改めて確認するべきだ

ほんとうに彼の受賞を望むのであれば
テレビはもっと真摯(しんし)に
彼の作品と向き合うべきだろう
たとえば
『海辺のカフカ』や
『ねじまき鳥クロニクル』などの
大作の魅力を伝え
読者層が広がることを目指すべきだ

そうしてまた来年度に向けて静かに
しっかりと準備を
進めていくべきではないだろうか

これはあくまでも
推測の域を出ないが
二年前のカズオ・イシグロの受賞も
影響していると思われる
彼は英国籍だが日本出身である
同じ地域から受賞者が
連続して出ることは考えにくい
そうした政治的配慮が
働くのもこの賞の特徴である
いずれにしても
それ以上に
「ハルキスト」狂想曲も
少なからず悪影響を及ぼしている
と思わざるをえない
今こそこの姿勢を改める時が
来たのではないだろうか
「今が時だ」
そう騎士団長も訴えている!》
(日刊スポーツ 10月10日)

村上春樹さんは
1949年1月12日生まれ
K9 赤い月 赤い龍 音9です
今年1月の誕生日に
K79 青い嵐 青い嵐 音1がまわり
青い変動の13年サイクルが
はじまっています
これまでどちらかといえば
あまり表に出ず
静かなスタイルを貫いていた印象ですが
変動の時代を迎え
表舞台に
立たざるを得なくなる予感がします

「赤い月」のため
そこに使命を感じると
個人的な感情や思いを超え
露出が増える気がします

またノーベル文学賞受賞がどうであれ
村上作品の輝きが
失われることはありません

宮脇俊文教授が記されたように
この時期だけにわかに関心を
持つこと以上に
毎年候補と言われるほどの
作家の作品と具体的に向き合い
村上ワールドを実際に味わうことが
私たちの感性を
磨くことにもつながるでしょう

大型台風19号の影響で
外に出れない時など
その世界に浸るには
絶好の機会ともいえるでしょう

今回の台風の被害が
最小限で済むよう願いながら
心静かな時間をもつことにします


10月12日〜24日まで
「黄色い人」の13日間です
「高次の意識」「自由意志」「道理」
「生き方」などを
意識しながら過ごしましょう

さてK92
黄色い人 黄色い人 音1です

「ちょっとやそっとの思いではなく
心の中で強烈に
自分自身の
『生き方』や『あり方』を
問い続けると
不思議と物事が
音を立てて変わっていく」

「どう生きるか?」を問い続け
求め続けると
よりベターな道へ
誘導されるのは確実です
それこそが求道生活であり
人間として大切なことを
見失うことはありません

ーシンクロ通信ーより

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM