いのちスケッチ

  • 2019.11.21 Thursday
  • 07:30
おはようございます

寒くなりましたね

マヤ暦では
kin129(11/8)〜kin132(11/2)

「卦なし」と言われる4日間ですが

ツォルキン暦では
ど真ん中の「仏陀の背骨」と 言われるところです

この4日間は宇宙の4日間ともいわれ
予期せぬ事が起こりやすいと
言われます

特にkin130とkin131は
「鏡の向こう」と言われる
不思議な日

青い猿の期間ですから
とにかく楽しむ意識!
そして
目の前の人を喜ばせるように
困難も遊び心で
乗り越える意識を持つことを
教えてもらいました

深刻にならないこと

深刻になると
宇宙からのメッセージや
閃きを受け取ることができなくなります

そんな昨日
急に夕方から映画を見にいく事に
なりました



私たちが住む福岡県の 大牟田市にある動物園が舞台のお話です

動物の命を通していろいろ考えが
変わっていく
今まで見えなかった事が
見えてくる事で生き方が変わる

家族との問題にも向き合いながら・・・

とても心温まる映画でした

主人公の田中亮太(佐藤寛太さん)
が福岡県出身なので 福岡弁が自然で演技もとても上手なのに ビックリ


主題歌も
現役医師二人によるユニット
インスハートによる
「あなたの瞳の中に」?だったかな
胸に響きました




最近ご飯を作る事って・・・
食べる為だけではなく
人生の中でとても大切な事
なんて思っているのですが

この映画の中でも
動物の食事の準備の場面がありますが
その時にも同じ事を感じました
又分かち合わさせてくださいね

今日は本読み会です
そこでも「ご飯を作る」事も みんなと向き合ってみたいと思います

思っていなかった展開で
マークイズ内のユナイテッドシネマで 観賞の後  初めての金沢からのお寿司屋さんで 食事

目の前の人を喜ばせる
体験してきました(*^^*)



今日のマヤ暦
kin132
音2
黄色い人
青い猿

黄色い人のキーワード
・自由意思
・こだわり
・理念
・道理
・旅人
・道
など


黄色い人の関係キン
類似キン 青い手
神秘キン 赤い月
反対キン 白い風


今日のメッセージ
「かけがえのない理解者」がいますか

「知音(ちいん)」という言葉があります
『昔 中国に伯牙という琴の名手がいました
彼の親友 鐘子期(しょうしき)は
伯牙の音色を聴いただけで彼の心境まで理解してくれてたそうです』
知音の「音」とは琴の音だったのです

ここから「琴線」という言葉も生まれたといいます

自分のことを本当に理解してくれる人は
かけがえのない存在です

人は良き理解者がいるからこそ努力し続けられるとも言えます

かけがえのない理解者を得られるかどうかで人生は大きく変わるでしょう

そのためには
まず自分自身が「他の人を心から理解しよう」という気持ちを持ちましょう

ーなんてシンクロニシティな
日々ーより


人の話は最後まで聴き
そして
理解出来なければ
質問しながら対話を広げ
深めていきたいものです

今日も楽しむ気持ちで
お過ごしください(^^)
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM